俳句的つれづれ日記



茶髪
2017年11月18日 (土) | 編集 |
大阪府立高校の女子生徒が生まれつき茶色い髪を学校から黒く染めるよう強要されたとして裁判で府を訴えている、というのが話題になっている。

で、ふっと思い出したのだけど、幼い頃の弟は茶というか栗色くらいな髪だった。
その上、色白。
「ハーフみたい」なんて言われてた。

一方、私は。
髪が黒いのはもちろんだが、夏場はこれ以上ないってくらい真っ黒に日焼してて、弟とは違う意味で日本人離れしていた。
しかも、弟は線が細い感じで性格は神経質、私は骨太で性格も大雑把。
「性別が入れ替わってたら良かったのに」と、よく言われた。
ほんとにねえ……



さて。
またも4つの作業を消化せねばならない。
そのうちの一つは今夜中にどうにかしたいのだが……今ひとつ気分が乗らないので、たぶん他の作業をすることになるんだろう。
噛みきれぬなまこ夜空は鉄の艶
2017年11月17日 (金) | 編集 |
2ヶ月ぶりのお食事句会。
今夜の献立は……

 なまこポン酢  ほうれんそうおひたし  鰯甘露煮  
 お造り(さわら・はまち・あおりいか)  赤足海老うに焼き  甘鯛信州蒸し
 白子他の天ぷら  鯖押し寿司・鉄火巻き  なめこ赤出汁  栗しぐれ・柿

おいしゅうございました。
タイトルの句は、食材の一句。

 DSC06195.jpg

 DSC06197.jpg

 DSC06200.jpg

盛りつけも繊細できれい。
たくさん食べたから、明日はしっかり筋トレせんといかんな。
夜焚火へ投げて匂へり紙の星
2017年11月16日 (木) | 編集 |
焚火の一句をものにしたいのだが、なかなかできない。
タイトル句はもう十数年も前に詠んだ句。
昨日詠んだ句が、ちょっとこれに似ていて (うわーうわー 進歩ない!)と愕然としてしまったのだった。
精進せねばー
本の間に銀杏の葉
2017年11月15日 (水) | 編集 |
イチョウの葉には防虫効果があるので、古書に挟まれていることがある――古書店主の、そんなつぶやきがネット上で話題になっているとか。
単なるしおり代わりというわけではないんやねー

   illust348_thumb.gif

友人宅の近所のスーパーが移転するらしく 「お婆ちゃんたちが歩いていけるお店がなくなるー」 と心配している。
買い物難民、てやつですね。
うちの実家はド田舎なんで、とうの昔に難民状態やけど……友人の住んでいるあたりは、すごく郊外というほどでもないのにねえ。
やっぱり、これからますます宅配やネットスーパー利用が増える?
冬すみれ
2017年11月14日 (火) | 編集 |
 DSC06193.jpg

野菊も可憐だが、冬のすみれもまた可憐。
つかの間の平和は過ぎて、また作業に追われる日々が始まったーー