俳句的つれづれ日記
2017年08月16日 (水) | 編集 |
 DSC06162.jpg  DSC06161.jpg

実家の畑の茄子に、こんな実がなっていた。
ちゃんと他の枝には普通の細長い茄子が生っているのに、一枝だけ、トマトもどきのこんな実がいくつか。
何なんだ、これ?

調べてみたら、どうやら「接木」が原因らしい。
市販の苗にも接木のものが多いようで、何らかの障害で台木となった方の野菜が伸びてくる場合があるのだとか。
台木になっているのは、たぶん赤茄子。
固くて、とても食べられそうもない代物のようだ。 (おまけに有毒)
農業も日々、いろんな技術が開発されてるんやねえ。
2017年08月15日 (火) | 編集 |
青空と杉の濃い緑と。 たぶんこれが自分の原風景というやつなんだろう。

 DSC06153.jpg

昨夜、夜になってから発熱。 38度まで上がってた。
朝は平熱近くにはなっていたので仕事に出かけた……が、職場の最寄り駅までたどりついた時点でアウト。
へたりこんでしまって、結局そのまま帰宅。 寝て過ごした。 
さすがに明日は復調できると思うのだけど……



(私信)Wさん、お久しぶりです! また句会ご一緒したいです~
2017年08月14日 (月) | 編集 |
 DSC06148.jpg
庭の南天の木にあった蜂の巣。 鮮やかな黄色。
どうやら 「キボシアシナガバチ」の巣らしい。 母が殺虫剤で追い払ったので、今はからっぽだが。

 DSC06159.jpg
こちらは(たぶん)「クロアナバチ」。
分かりづらいけど、右はクロアナバチが穴に入ってゆくところ。
左はクロアナバチが捕らえた獲物のバッタ。 仮死状態にはなってるけど、脚がかすかに動いていた。
この直後、クロアナバチによって、穴の中に引きずり込まれた。
卵を産みつけられて、孵化した幼虫の「生きた餌」となる運命が彼を待っているわけだ……ひー

 DSC06144.jpg
これも見づらいけど、蛇の抜け殻。 石垣に斜めにひっかかっていた。

帰省すると、私の今の生活ではあまり出会えないものにいろいろ出会える。
虫や蛇嫌いの人だと卒倒するかもしれんけど~
DSC06143.jpg

そういえば、ギンヤンマも庭を行ったり来たりしてた。
ヤンマ類もこの頃めっきり見なくなったなあ。



のどが痛いー 
昨日は結局、作業することなく早々に寝てしまった。 早く治さねば……

2017年08月13日 (日) | 編集 |
実家はやはり涼しかった。
今朝なんて、むしろ肌寒いくらいだった。
もちろん、日中の日差しはまだまだ強いし、外で何かすると汗だくにはなる。
でも、木陰で涼んでいると風がそれはもう気持ちよくて 「あー このまま時間が止まればいいのに」と思った。

 DSC06142.jpg
オニユリが自生する川辺から実家が見える。

窓開けて風入れながら、そしてミンミンゼミやツクツクボーシの声を聞きながらの昼寝は最高。 
これがまさに「新涼」だなぁと思いつつ、うとうと。
日差しはきつくても、光線が明らかに違う。 どこか陰影が深い、という感じ。

 DSC06132.jpg

 DSC06135.jpg

 DSC06152.jpg

秋の季語となっている花たちも咲いていた。 庭にも、裏の川辺にも。

 DSC06145.jpg

稲の穂がもう重く垂れはじめている。 今年はちょっと早いかも。



涼しすぎて風邪ひいたかもしれない。 
午後から喉がとても痛くなってきた。 のど飴舐めて治ればいいのだが。
体もだるい。 これから作業する予定なのにいー
2017年08月11日 (金) | 編集 |
美味しかったなあ。
今日の句会は、道後のいつもの店ではなくて、市内の2号店にて。
これが大当たり! 

今日の献立
  小鉢三種(じゅんさい・おくらゼリー寄せ、鯛皮利休和え、鰯寿司)   蛸の刺身
  すずき・茄子・ブロッコリー煮込みチーズ焼き   天麩羅   もずく茶漬け   桃ゼリー

 DSC06124.jpg
最初に出た小鉢。 きれい!

 DSC06126.jpg
蛸の刺身も美しい。

 DSC06127.jpg
個人的に今日一番好きだった。 すずきや茄子の煮込みチーズ焼。 濃厚でいてくどくない。

 DSC06130.jpg
もずく茶漬けはイクラも載ってる豪華版。 旨し!

というわけで、道後のお店よりも見た目や味が繊細な気がする。
どうせなら来月からもこっちでいいかも……と思ったり。

久々に句座をともにするWちゃん、「ナマ句会久しぶりなんです~」とか言いつつ絶好調。
タイトルは、彼女に捧げるご挨拶句ぢゃ。



あ、私、11~13日と帰省します。 メールの返信等は13日の夜以降になるかと。
よろしくお願い致します。