俳句的つれづれ日記
2017年05月22日 (月) | 編集 |
魚島から船で小島へ。
途中、観潮船とすれちがって、お互いの船から手を振り合ったりしたv

小島は芸予要塞跡で知られる島。
廃墟マニアの方も、こういうの好きなんじゃなかろうか。
今は草木が生い茂っているだけに、いっそう「もう使われることのない施設である」 ことが強調されているような。

 DSC06008.jpg
『坂の上の雲』で実際に使われた、レプリカの28センチ榴弾砲。

 DSC06011.jpg 発電所跡

 DSC06015.jpg 弾薬庫跡?

 DSC06023.jpg 中部砲台跡周辺

 DSC06021.jpg
道の途中、木立の間から海と大橋が見える。 きれい!

 DSC06026.jpg
指令塔跡地。 ここは島のてっぺんなのだろうか。
見晴らしはすこぶる良くて爽快。 ただし、ここまでの急な石段はキツかった。

 DSC06028.jpg
えーと 地下兵舎跡……?
このあたりになると、もう歩き疲れてぐったり。 記憶も曖昧なのであった。

 DSC06029.jpg

芸予要塞跡を見てまわった後は、海岸沿いの道を辿って港へ戻る。
いろいろな花や虫に、いちいち立ち止まってしまう私たち。
ツアーの他の参加者の皆さんはさくさく歩いてゆかれるのだが……。

 DSC06034.jpg
これは波止浜港。
小さな港だけれど、造船所があるので、巨大タンカー等がずらり。

今回のツアー費は3500円。
松山~波止浜のJR往復運賃、波止浜港~馬島~小島~波止浜港の船賃、昼食(弁当)代、傷害保険。
そして、小島から波止浜港に戻ったときに添乗員さんから 「これから駅までの道の途中にあるコンビニで、200円くらいまでの好きなおやつ買っていいですよ~」 と嬉しいお言葉v……というわけで、おやつ代も込みv

お手頃な費用で、内容はけっこう濃かった。
次回は秋の桂川渓谷散策ツアーあたりに参加したい……!

しかし。
今日は身体がとても重い。 
日頃の運動不足を痛感しているのであった。 はうー
2017年05月21日 (日) | 編集 |
俳句仲間と三人で、JRのウォーキングツアーに参加してきた。
しまなみ海道の馬島・小島(おしま)。

まずは馬島。
 DSC05993.jpg
船は来島海峡大橋の真下をくぐって馬島の港へ。
馬島では、エレベーターでこの橋の上へ行くことができる!
        ↓
 DSC06007.jpg
眺め、爽快。 海面から60mくらい……だったかな。


 DSC05996.jpg
干潮時にだけ現れる砂浜へも連れていってもらった。 海の水も砂浜もきれい!
こちらの浜から見る海は穏やかに凪いでいる。

 DSC05997.jpg
小さな洞窟がある。 この洞窟を抜けると……

 DSC05998_20170521204413fe0.jpg
海の表情が一変。
この画像では分かりづらいと思うけれど、岩の上側に見える海のあたりは潮の流れが迅い。
川の流れのよう。 
洞窟を抜けると言ったって、あちらの岩場まで数mくらいなものなのに。 不思議だ。

 DSC06001.jpg
洞窟のサイズは大人一人が頭を低くして、ようやく通れるくらい。
お相撲さんは無理……たぶん。

 DSC06002.jpg
潮だまりにはイソギンチャクもおりました。
海水ごしの画像なので、分かりづらいと思うけれど。

今日はよく歩いた~。 汗もかいた~。
実際に歩いた時間は、トータル2時間半くらいだと思うけれど、急な階段や山道が多かったので、予想よりハードだった。
もうちょっと暑い日だったら熱中症になったかもしれないし、雨だったら山道歩けなかった。
今日はウォーキング日和でありました。 ありがたや。
……でも、もう疲れちゃってダメだ。 小島の画像はまた明日。
2017年05月20日 (土) | 編集 |
石手川沿いに、樗の花が咲きはじめている。
淡い紫がやさしい。 

 DSC05975.jpg

先月句会をご一緒した方が亡くなられたことを聞いた。
ご病気だったらしいけれど、お元気そうで、しゃんとしておられたのに。
本当のことと思えないでいる。

その方はまだ俳句に関しては始められたばかりだった。
句会も数えるほどしか参加されてなかったと思う。
句会を楽しまれたことを心から願う。 
2017年05月20日 (土) | 編集 |
道後公園を通って句会場の店へ。 もう睡蓮が咲き始めていた。
空と池の向こうの木立の緑が水面に映っていたので、なんだか不思議な写真になってしまった。

 DSC05978.jpg

今夜の献立。
  ほれんそう白和え  鰆の白子旨煮   炙り鯛・あおりいか造り   さざえ壷焼き
  鯛かま煮付け (筍・大根・絹さや添え)  小ふぐ唐揚げ  豆ご飯  鱧の吸い物  メロン

DSC05981.jpg 

DSC05983.jpg

全部は食べきれなかった……。
もっと若い頃だったら、平らげていただろうに。

初参加の方が二名。
タイトルの句は、その方たちへのご挨拶句。
お二方とも楽しまれたようで、何より。 今月もよく笑った~~

2017年05月19日 (金) | 編集 |
金田法相が発言した <共謀罪で摘発される参考事例>

「花見であればビールや弁当を持っているのに対し、(犯罪行為の)下見であれば地図や双眼鏡、メモ帳などを持っているという外形的事情がありうる」

既にネット上でツッコミが入りまくってるらしいけど。
いや~~ ほんとにこんなんで摘発されたりするんだろうか。
俳人なんて、しょっちゅう句帖持ち歩いてメモしまくってるのに。

……まあ一般の人から見たら、ちょっと怪しく思われることが無いとは言えない。
実際、句帖にいろいろ書き留めていたら 「何の調査ですか?」 と聞かれたこともある。
俳句の盛んな松山でさえこうなんだから、他の県だったら、なおさら怪しまれそうではある……。

胸に 「俳人バッジ」 でもつけますかね~